美術家 上村亮太の

絵本『アネモネ戦争』の出版プロジェクト 

この出版プロジェクトは、ひとりのアーティストの手による

一冊の絵本を作ることです。

その思いは、神戸にある「ギャラリー島田」で、

長年、そっとあたためられていたものでした。

それを実現しようとなったいま、私たちは考えました。

ただ一方的に本を出すのではなく、本作りの過程の段階から、

多くの人の心と力を寄せ集め、

「本を出版する」ということ自体を、
ともに体験してもらえたら
と。

そして、本を作ることがゴールではなく、

その本を手にした方ひとりひとりの場所から新たな物語が始まり、

何かが湧き起こる、その力を信じようと。

――

この絵本は、読み終わったところでは終わりません。

絵本の中に込められる願いのタネを、

あなた自身の手と、声と、心とで、さらにあちこちに蒔き、

育てていってほしいのです。
本を出版するということは「声」を届けることです。

その声が良きものであるように。
そしてそれに関わり、受け取った方たちのところから、

さらに良き花が咲き広がりますように。
そんな志を胸に、この出版プロジェクトに関わる仲間を

「チーム・アネモネ」と名付けました。
あなたも、チームの一員となって、この本の根を育て、

水を注いでいただければと願っています。



編集者

松田素子

2020年2月29日 先行予約申し込み締切

​先行予約開始!

限定版
500部

​(予定)

特製函入り
価格:3,000円 (税込)

サイズ:天地 260mm× 左右210mm

ページ数:40ページ

フルカラー

上村がこの絵本のためにひとつひとつ 制作し、彩色した陶製のブローチです。
現在進行中:制作過程の下描きの一部。 詳しい進行状況や内容をHPで公開中!

特製函入り 限定500部(予定) 
価格:3,000円 (税込)

サイズ:天地 260mm× 左右210mm

ページ数:40ページ

フルカラー

※写真は、プロジェクト発足のきっかけとなったアートブックの一場面
※現在絵本用に全ての絵を描き下ろしています

「戦争」という言葉がつかわれていますが、これは、

強く「平和」を願う絵本です。

戦争というものが、どんなふうに、どこからやってくるのか……。
おだやかな日常や平和というものを、どうすれば守り、育てられるのか……。
アネモネという花を通して、物語は、静かに深く、それを語りかけます。
物語のクライマックスで語られる
「でも、それこそが〈戦争〉だったのです」

という言葉に、私たちの心は、おそらく不意を突かれてしんと静まりかえるでしょう

しかしやがて、だからこその勇気とほんものの力が、身体の底からわいてくるはずです。

――
アネモネには「風の娘」という意味があります

私たちも一輪のアネモネのように、この世界に、風にのせて届けられる言葉がある。
かかげるべき「のろし」がある。
――それを願って、この絵本は今、生まれようとしています。

2019年9月25日  先行予約スタート

2019年10月20日  第1次 サポーター募集締切

2019年10月27日  サポーター作業 & おはなし会

​※終了しました

2019年11月30日 第2次 サポーター募集締切

延長しました!

2020年2月29日    先行予約申し込み締切

2020年3月       刊行予定

1959年、神戸に生まれる。幼少より病弱で家の中で過ごすことが多く、だいたい、ひとりで本を読んだり絵を描いたりして過ごしていました。絶えず空想していて、SF的な物語を作って漫画を描いたりして遊んでいたようです。

小学校3年生までは、友達も少なく、内気でもの静かな子供でした。当時の男の子としては珍しくとても長髪だったこともあり、時々、いじめられたりした事もありましたが、4年生の時にクラスメートと大喧嘩をした事を機に、活発で運動好きな少年になっていきました。

幼いころから絵を描くのが好きだったので、画家になることを目指し、東京の美術大学に入学。

学生時代から抽象絵画を制作し、おもにモノクロの巨大な絵画を描き続けていました。

ある日、とあるガーデニングフェアーで、枯れかけたクリスマスローズの群生を見たことがきっかけで、だんだん具象絵画を描くようになりました。使う色も、モノクロから鮮やかな色彩に変わっていき、同時に、様々な人と関わるようになり、いろいろな人達と芸術に関する活動をしていく事になります。

ここ数年は「SF」をテーマに制作を続けていて、子供の頃に考えていた事、そして、描いていたような世界観に戻ってきたのかも知れません。


VOCA'97(上野の森美術館)、画廊の視点(大阪現代美術センター)六本木クロッシング展(森美術館)、個展はギャラリー島田等のギャラリーで毎年開催。展覧会は多数。

  • Facebook

ANEMONE BLOG

アネモネ編集室から

​チーム・アネモネを応援お願いします!

© 2019 TeamAnemone, All Rights Reserved.